月刊『聴く中国語』2018年2月号(194号)- 映画監督陸川

おススメポイント

陸川 Lu Chuan
1971年2月8日生まれ。中華人民共和国新疆出身の映画監督・脚本家・プロデューサー。第6世代の監督の1人として知られる。2002年、脚本、初監督作品『尋槍』で頭角を現す。2004年、脚本、監督を手がけた『フフシル』は華表賞、東京国際映画祭評委会大賞を受賞。2009年、脚本、監督を手がけた『南京!南京!』は第57回サン・セバスティアン国際映画祭・最優秀ゴールド・シェル賞、第三回アジア太平洋映画祭・最優秀監督賞、第4回アジア映画祭最優秀監督賞などを受賞。近年の作品としては、『項羽と劉邦鴻門の会』、『ドラゴン・クロニクル妖精塔の伝説』が挙げられ、九層妖塔は興行収入およそ7億円を記録し、『ボーン・イン・チャイナ』は北アメリカで公開されると、大ヒットし、全世界で2398万米ドルの興行収入を記録した。

☆中国大接近:中国伝統衣装ABC☆
中国の伝統衣装を取り上げる。現代中国のファッションはどんな伝統衣装の影響をうけているのか、どんな特徴があるかなどについて語っています。

☆「おもてなし」中国語会話:春節のデパートで☆
ブランド・ハンドバッグ・試着室・パスポート・・・・中国語で言えますか?
日本のデパートは中国人観光客に大人気。友だちや取引先を連れて行って購入のお手伝いをしましょう!

☆インタビュー:映画監督 陸川☆
陸川さんは1971年2月8日に新疆で生まれる。第6世代の映画監督の一人として知られる。
『ミッシング・ガン』(2002) 『ココシリ』(2004) 『南京!南京!』(2009) 『項羽と劉邦 鴻門の会』(2012) 『ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説』(2015) そして今回の『ボーン・イン・チャイナ』(2016)と製作し、数々の国際的な賞を受賞しています。
販売価格
1,317円(税込)
決済方法種類 クレジットカード決済、銀行振込
配送・送料について 3000円以上の場合、送料無料。
3000円未満の場合は、全国一律300円。
購入数
お問合せ
メールマガジン ショップ会員様募集
FAQ 初めての方へ お客様のお声