KIKUCHU 月刊『聴く中国語』 2019年6月号(210号)ー日本総合研究所理事 呉軍華

おすすめポイント

★中国大接近
すぐれた音楽は国境を超えるといいます。いま、音楽的才能に恵まれたシンガーが次々に生まれている中華圏の歌謡界。日本でもネットを中心に、目にしたり耳にしたりする機会が増えています。今月号の「中国大接近」ではC-POPの100年を振り返るとともに、この100年で世に出たスタンダードナンバーや有名歌手を紹介します。一緒にC-POPの世界をのぞいてみましょう。

★「おもてなし」中国語会話
色数豊富な水性ペンや蛍光ペン、いろいろな気持ちや天気・イベントを表すシール、ユニークなデザインの付箋やスタンプ。細やかな工夫が目立つ日本の文房具は、外国人観光客にも人気です。6月号では手帳グッズをおみやげに買う中国人客と店員の会話を学びます。

★三国の人物誌
映画『キングダム』が公開されて、いま熱い「三国志」の世界。そこは自らの知恵と策略で困難を切り抜ける英雄たちの活躍の場です。6月号では、「敵衆我寡」(敵多く、我ら少なし)の状態に陥った孫権に、周瑜が進言した計略を見てみましょう。日中対訳付きで、骨太な中国語が学べます。

★ニュースフォーカス
本誌創刊以来、変わらずご支持をいただいているのが、最新ニュースで中国語を学べる本コーナー。6月号では「ネスレがスタバ製品の販売を開始」、「2018年の(中国)自動車クレームレポート発表」ほか計6本のニュースを取り上げています。時事的な中国語の語彙を豊富に紹介していますので、ワンランク上の実力をつけるのに最適です。

★インタビュー
呉軍華先生は中国の政治経済・米中関係などを専門とする研究者です。日本総合研究所で初の中国人研究者としてキャリアを重ね、現在理事を務められています。学者らしい気品がにじむ呉先生のお話をお聴きください。

★日本人から見た中国
上海の日本総領事館で文化担当官として日本紹介事業を担当する、佐治智氏が、中国の地方都市の魅力をたっぷりと語っています。大都市にちょっと飽きたら、行ってみませんか?

さて、『聴く中国語』2019年6月号はいかがでしょうか?中国語の学習にちょっと疲れたら、やはり本誌に収録されている中国語の歌を聴いて、リフレッシュ!またヤル気が出てくるでしょう!
販売価格
1,341円(税込)
決済方法種類 クレジットカード決済、銀行振込
配送・送料について 3000円以上の場合、送料無料。
3000円未満の場合は、全国一律300円。
購入数
お問合せ
メールマガジン 見本誌申し込み
FAQ 初めての方へ お客様のお声