致100年後的人們 100年後の人々へ[委託販売]

商品説明

小出裕章 著『100年後の人々へ』繁体字中国語版 [委託販売]

「生まれ変わったら、生涯を廃炉技術に捧げたい」。
反原発運動のシンボル的な科学者が、3・11から三年、痛切な思いを吐露する。
「元々は、地質学者になりたかったのです-」。鉱石採集が大好きだった少年は、「核の平和利用」のキャンペーンに呑み込まれ、原子力開発の夢を追うようになった。
 だが、いち早くその詐術と危険性に気づき、その後、原発をなくすための研究と運動に半生を捧げてきた工学者・小出裕章は、三・一一から三年が経過しようとしている今、何を思うのか。そして、過去からの膨大な負債に苦しむであろう一〇〇年後の人々に「こんな事故を起こした時代に、お前はどう生きたのか」と問われる場面を想像しながら述べた言葉とは?

[著者情報]
小出裕章(こいで ひろあき)
一九四九年、東京生まれ。京都大学原子炉実験所助教。六八年、原子力の平和利用を夢見て、東北大学工学部原子核工学科に入学するが、七〇年、女川原子力発電所建設計画への反対集会に参加して以来、一貫して反原発の立場から研究と発言を行う。七四年、東北大学大学院工学研究科修士課程修了(原子核工学)。専門は放射線計測、原子力安全。著書に『原発のウソ』など多数。


小出裕章先生是日本反核運動重要人物,尤其在2011年福島核電廠事故發生後,他的著作更受到廣泛重視。通過本書,我們不僅能夠了解小出的反核理念和心路歷程,更能認識他的政治關懷和生命哲學。核電問題影響人類未來,小出的觀點值得我們重視,小出的良知和勇氣,更值得我們欽佩。
───周保松(香港中文大學政治與行政學系副教授)

  2011年3月11日,東京電力公司福島第一核電站發生了毀滅性事故。事故當天,日本政府發出了「核電緊急狀態宣言」。12年半後的今天,「宣言」依然未能解除。事態如此嚴重,但對這一事故負有責任的人們卻無一人被追究責任,無一人受到處罰……
——小出裕章

  本書敍述的主綫雖然是核電和福島第一核電站事故,但讀罷全書,更受衝擊的,還是「人的一生的活法」、「徹底的個人主義」、「人類在地球上的位置」這樣一些哲學性的問題,以及「國家的強權」、「對弱者的歧視和欺壓」、「核電郤厥鯒膂豐得利益集團的垤圈彷艝覦貂慨躓敍本民主主義根基的政治和社會問題。
——韓應飛
販売価格
2,540円(税込)
決済方法 クレジットカード決済、銀行振込、
Amazon Pay 、コンビニ決済 など
配送・送料について 1000円以上の場合、送料無料。
1000円未満の場合は、全国一律300円。
購入数
お問合せ
メールマガジン LINE友だち追加
FAQ 初めての方へ お客様のお声