ご活用方法





ご挨拶

2002年に創刊して以来、定期購読されている読者様が多く、中国赴任や留学の準備、HSK(漢語水平試験)等の資格試験対策に活用している方も多数いらっしゃいます。また、近年の中国人観光客の増加によるインバウンドビジネスの拡大で、中国語の国内需要も高まっている今こそ、月刊『聴く中国語』、別冊『聴く中国語』シリーズが、学習者様のお役に立てると存じます。

読者へ月刊『聴く中国語』の活用法!

付録CDには、日本国内にて活躍しているプロフェッショナルによるナレーション、朗読音声を収録しています。また、『聴く中国語』はニュースや日常会話、ビジネス会話、古典など、様々なジャンルを通じて多彩な中国語を学ぶことができます。このCDを活用して、正しく、美しい発音で幾千もの中国語を耳に慣らしましょう。

STEP1: 浴びるように、聴く!

Lesson1
まずはテキストを見ずにCDを聴いて、どの程度聴き取れるかを確かめてみます。
Lesson2
今度は聴きながら日本語訳に目を通して、内容を確認します。
Lesson3
内容がわかったところで通勤時間などスキマ時間を使い、なるべくテキストを見ずに繰り返し聴きます。
Lesson4
どうしても聴き取れない単語や連語などは、テキストで再度確認します。

STEP2: 音読を楽しむ!

Lesson5
CDの音声の後に続いて、シャドウイング、つまり声に出して読んでみます。内容を覚えてしまうくらいに、繰り返し読みます。すると自然と中国語が口をついて出てくるようになってきます。
Lesson6
古典名作では、感情を込めて音読してみましょう。表現力が身につきます。ドラマのコーナーでは、人物になりきって音読してみます。会話力がアップしていくことでしょう。ご友人やご家族と一緒に読むのもおすすめです。

STEP3: 聴き取りにチャレンジ!

Lesson7
各コーナーで気に入った表現や重要と思われる単語を書きとってみましょう。
【初中級者の方】 テキストを見ながらCDを聴いて、中国語を書き取ってみましょう。音読しながら書けば、効果倍増です。
【中上級者以上の方】 テキストを見ずにCDを聴いて、書き出してみましょう。中国語力の維持につながります。

読者へ別冊『聴く中国語』の活用法!

☆ オススメ活用法 その1 『改訂版 中国語でめぐる日本 東京・神奈川編』で通訳案内士を目指す!

イメージ1、それぞれの観光名所の中国語名を覚えましょう!本誌から名所の名前だけをピックアップし、CDを聴きながら、正しく発音できるよう、かつ、すぐに口から出てくるよう、何度も練習してみて下さい。本誌の中の写真を見ながら、ガイドしているつもりで練習すると、より効果的にマスターできるでしょう。
2、上手なガイドのやり方には、だいたいパターンがあります。いくつかの観光名所をピックアップして、どんなガイドの仕方をしているのか、読みながら自分なりにパターンを見つけてみましょう。そのパターンを身に付けるべく、何度も例文を読み、ある程度は暗記してしまうと良いでしょう。
3、できることなら、中国語を学習している友人知人と実際に観光地を訪れて、自分がガイド役となり、説明してみましょう。ひと通り説明を終えたら、本誌をチェックして、自分のガイドの仕方と比べてみましょう。本誌に載っていない内容を自分が説明したら、それも本誌に書き加え、ガイドの幅を広げていきましょう。

☆ オススメ活用法 その2 『音読でここまでわかる!「中国ニュース」2』でニュース用語に慣れる!

イメージ1、CD音声のゆっくりバージョンに合わせて、テキストを見ながら何度も音読します。正しく発音できるまで繰り返します。
2、CDを聴きながらテキストを見ないで何度もシャドウイングします。意味のわからない単語が出てきても、その意味を思い出す努力をしながら聴きます。
3、CD音声のノーマルバージョンを聴きながら、書き取っていきます。
4、重要単語を確認してからテキストを見ないで聴き、リスニングの仕上げをします。




☆ オススメ活用法 その3 『音読で味わう珠玉の漢詩』で中国語のリズムを味わう!

イメージ1、まずテキストを見ないでCDを何度か聴き、詩のリズムをつかみます。
2、今度はテキストを見ながら聴き、意味を確かめます。
3、CDの後ついて、感情を込めて、覚えるくらい何度も音読します。
4、最後は暗誦して、仕上げとします。

☆ 別冊『聴く中国語』のご購入はこちら☆
お勧め本
改訂版 中国語でめぐる日本 東京・神奈川県編
お勧め本
音読でここまでわかる中国ニュース 2
お勧め本
音読で味わう珠玉の漢詩

先生へ月刊『聴く中国語』の活用法!

“月刊『聴く中国語』の勉強方法”を参考にしていただき、1冊まるごと教材としてお使いいただくことをオススメするのはもちろん、週1回の授業では使いきれない…という先生方には、副教材としての活用をオススメします! ここで、各コーナー別のオススメ活用法をいくつがご紹介いたします。

☆ オススメ活用法 その1 「中国大接近」:今の中国の話題を語り合います。

イメージ 初級・中級者向けのクラスでは、生徒さんにまずテキストを見ないで聴いてもらい、どんな内容かを確認してもらいます。その後、テキストを見ながら聴いてもらい、おおまかな内容をつかんでもらったら、ゆっくりスピードでシャドウイングします。できれば、最終的にノーマルスピードでシャドウイングできるまでになるのが理想です。 上級者向けのクラスでは、一回目はテキストを見ないで聴いてもらい、二回目でシャドウイングしてもらいます。何度かシャドウイングして内容をつかんだら、その内容について、中国語でディスカッションしてもらいましょう。

☆ オススメ活用法 その2 「ニュースフォーカス」でグループ発表orディスカッション

イメージニュースフォーカスの中から1つ気になるニュースを選び、そのニュースについて自分で調べます。そしてニュースに対する考えや、社会の反応などをまとめ、中国語で発表。これは、グループでやってもゼミなどで1人ずつ発表してもOK。 1つの物事を深く調べる力、中国語で自分の考えを述べる力が身に付きます。クラスで1つトピックを選び、2つに分かれてディスカッションをしてみるのもおもしろいです。中国語スピーチコンテストなどに挑戦する際にも役立ちます。

☆ オススメ活用法 その3 歌や漢詩で気分転換♪

イメージリスニングや文法といった難しい勉強で生徒さんが疲れてきた時、「メロディーにのせて覚えよう中国語」や、「音読で味わう中国古典名作」の漢詩など、楽しく学べるコーナーをぜひ、取り入れてみてください。学期末に、ミニカラオケ大会、漢詩朗読大会を開催してみるのもオススメです!正しく美しい発音を身につけるきっかけになります。中国人が実際に日常で使う言葉の習得と、中国人と同じ様に話せるようになることを目的とした勉強法です。ロールプレイングもオススメです!

メールマガジン 見本誌申し込み
FAQ 初めての方へ お客様のお声