KIKUCHU 月刊『聴く中国語』 2023年9月号(261号)―中国メイクと中国コスメの100年―ドキュメンタリー監督・竹内亮さんインタビュー

商品説明

今月のポイント
☆中国大接近☆
2023年9月号の特集は「中国メイクと中国コスメの100年」です。近年、艶やかさと上品さを併せ持つ中国メイク・コスメが、世界的に注目を集めています。時代とともに変化、成長を遂げてきた中国メイク―社会の発展や人々の美意識を映し出す100年の歩み、そして人々を虜にするその魅力に迫ってみましょう。


☆インタビュー☆
今回は中国で最も人気のある日本人インフルエンサー、また著名なドキュメンタリー監督である竹内亮さんにお話を伺いました!監督の作品や監督の目に映る中国について、お話を伺ってみましょう。

☆生きた会話は「映画&ドラマ」がお手本☆
今回はTVドラマ「狂飈」のシーンをご紹介!

☆中国名作選☆
袁炳発のショートショート「無痕」を一緒に読んでみましょう。

目次
006【プロローグ】
007【中国大接近】中国メイクと中国コスメの百年
019【日本で中国語を使いこなそう】第9回 民泊の予約をする(3)
024【中国語で日常会話】泳ぐ
030【漫画・パン君奮闘記】時間をつかむ
032【サブカルチャイナ】 第三回 “二刺yuan”の生態系 Bサイド
034【『聴く中国語』取扱店一覧】
035【ニュースフォーカス】
杭州アジア大会がまもなく開幕
2023年夏は新作映画が目白押し
Appleビジョンプロが登場
アリババが欧州版Tモールを開設
日本株33年ぶりに最高値
2023年東京おもちゃショー開幕
048【金融中国語】
日本の金融教育で「高校生」は何を学ぶのか―資産形成ね其發氾蟷
050【多音字】背
051【中国語早口言葉】ポケットに豆
052【中国語発音の“精益求精”】 “c”と“q”を再認識しましょう!
054【小学生の中国語】道を渡る
056【生きた会話は「映画&ドラマ」がお手本!】TVドラマ「狂biao」
062【華流スター】張譯(チャン・イー)・李一桐(リー・イートン)
064【メロディーにのせて覚えよう中国語】 『熱愛105℃的ni』(阿肆)
066【インタビュー1】
ドキュメンタリー監督 竹内亮
変化しつづける中国のリアルを世界の人々に届けたい
078【台湾華語講座by樂先生】台北の朝食バイキング
082【料理で学ぶ中国語】浙江省諸曁の伝統料理
084【音読で味わう中国古典名作】『劉景文に贈る』宋 蘇軾
086【聞き読み西遊記】悟空、大いに蟠桃会を騒がす
092【新刊紹介】
093【中国現代名作選】『无痕』袁炳発
102【目からウロコの中国語!】中国のクセ強野菜
104【中国語検定 2級 筆記模擬試験(問題文・解答)【全訳】】
106【新HSK 6級 読解模擬試験(問題文・解答)【全訳】】
110【私の中国留学記】第9回 初体験・ドラゴンボートレース
112【日本語教師から見た中国語】言葉の使い方、お隣を覗いてみたら  
114【漫画で読もう!日中異文化の小話】「技術立国・日本」
115【中国80日間片道きっぷ】Day77-西寧の道
121【三行日記五七五】
124【読者アンケート】
125【三角ポイント】
128【定期購読のご案内】
129【音声ダウンロード方法のご案内】
130【エピローグ】

本商品にはCD付録がございません。
CDをご利用の場合、別途CDをご購入くださいませ。
関連商品:『聴く中国語』2023年9月号音声CD


※音声ダウンロードのみご利用の方こちらのページにアクセスして、ダウンロードしてください。

定期購読者の方でCDご希望の場合、弊社にご連絡いただければ、CDを無料で同封配送いたします。
CD付録停止とCD継続利用のご説明

愛言社『聴く中国語』編集部
定価 1,499円(税込)
販売価格
1,499円(税込)
決済方法 クレジットカード決済、銀行振込、
Amazon Pay 、コンビニ決済 など
配送・送料について 1000円以上の場合、送料無料。
1000円未満の場合は、全国一律300円。
購入数
お問合せ
  • ★この商品のレビュー(1件)★
    • aixuexi
    • 女性
    • 2023/08/09 11:11:48
    中国メイク特集は興味深かった
    中国メイク特集は興味深かったです。このところ、中国で漢服が流行っているという話は聞いていましたが、コスメデザインにも歴史回帰的部分があるのですね。アイシャドウパレット一つとっても、中国風な感じで、日本にはこういう形のものはないな、と感じます。

    西太后御用達ブランドが今もあるのが興味深かったです。使ってみたいなと思いました。
    また、p14のグラフのブランド名が、中国語なので読めなさそうなんですけど、ちょっと考えると読めるブランドもあるのがクイズみたいで楽しいです。

    西施豆腐も興味深かったです。
    どういう逸話でこの名前になったんだろうと調べてみたのですが、西施の地元の料理なんですね。
  • ★レビューを投稿★
メールマガジン LINE友だち追加
FAQ 初めての方へ お客様のお声