KIKUCHU 月刊『聴く中国語』 2020年1月号(217号)ー昆曲芸術大師 張洵澎

おススメポイント

今月号の見どころ・・・

★中国大接近
今回「中国大接近」では、中国を代表する伝統芸能、京劇・昆劇をご紹介。 皆さんも一度はご覧になったことがあるかもしれない京劇・昆劇。独特のセリフ回しと、衣装やメイクが魅力的です。「覇王別姫」、「牡丹亭」といった有名な作品を取り上げながら、今も人々を魅了してやまない伝統の世界へ皆さんをお連れします。

★中国語で日常会話
今回の「日常会話」は、“スキー”が題材です。これから楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。実際にスキーの練習をするのを想定した会話は、ゲレンデでも役立つことでしょう。スキー好きの中国人の友人知人との会話で、大いに活躍しそうなフレーズが盛り込まれています。

★インタビュー
今月号では、昆曲芸術大師の張洵澎さんにお話を伺っています。「中国大接近」でも昆劇をご紹介していますが、張さんは昆曲界の重鎮。数々の賞を受賞なさっているエネルギッシュな張さんの語りは、とても魅力的です。皆さんを更に昆劇の世界に引き込んでいくことでしょう。

★楽先生の台湾華語講座
楽先生のふるさと台湾は、多くの先住民族が住んでいることでも有名です。その民族を知ることは、台湾の魅力を語る上でも重要。まだ皆さんがあまりご存知ないであろう台湾の先住民族について、楽先生にご紹介していただきましょう。

★日本人から見た中国
今や、世界でもトップクラスの大学を抱える中国。熾烈な高考を優秀な成績で突破した学生をスカウトするのに、中国の名門大学は力を入れています。
スカウトされた学生は、大学進学後も、もちろん勉強には気を抜けません。そうした様子を間近に見た筆者がお届けする、中国のトップ大学の実情は、なかなか読み応えがあります。

さて、『聴く中国語』2020年1月号はいかがでしょうか。ニュースフォーカスでは、吉野彰氏のノーベル賞受賞や天皇陛下即位の礼といった、皆さんになじみのある話題も取り上げました。
「中国の小故事」でご紹介した周恩来氏の学校編歴も、興味深い内容です。パンくんが今回挑戦するオリンピック競技は、なんと馬術。かっこよく乗りこなせるでしょうか。
販売価格
1,499円(税込)
決済方法種類 クレジットカード決済、銀行振込
配送・送料について 3000円以上の場合、送料無料。
3000円未満の場合は、全国一律300円。
購入数
お問合せ
メールマガジン ショップ会員様募集
FAQ 初めての方へ お客様のお声